It's hard to forget someone who gave you so much to remember

2005年01月07日

アメリカ男の褒め殺しの効き目

partygirlさんに頂いたコメントへのお返事



 ■ わかりますー

わたしは今ロスに住んでるんですけど、日本人は細いのがイイ、みたいなところが強いですね。

わたしはカービーなほうだったので、ガリガリにはなりたくはなかったけど、それでもやっぱ40キロ台であることが大事に思ってたなー



今はアメリカ暮らしのおかげ?か、なんでもかんでもほめてくれるカレのおかげ?で、日本にいたときよりプラス4キロはいってるとおもう。7号もうヤバイです。

partygirl (2005-01-07 06:28:17)





いやっほーぅっ!



LAから読んでくださって、更にコメントを入れてくださった方がいるなんていい感じ☆ 私からも「わかりますー」Backさせて下さい。



「何でも褒めてくれる彼のおかげ?で、日本にいたときよりプラス4キロ」という下り...これぞ、アメリカ人男の技ですねぇ(笑)。そしてとても良いところだと思います。



私はStress(ストレス)にやられやすかったので、悩み事が出てくると「がたっ」と体重が落ちてしまう方です(でした?)が、最近、自己改革を始めて、余りStressed outしなく成ったので、一度失ったお尻の肉を取り戻して来ていて、喜んでいるところです。去年辺り、私のアメリカ人男のEx達が久しぶりに私を見ると「You should gain weight(もうちょっと太ったほうがいいな)」と口をそろえて言いました。日本人好みだったかも知れないけど、アメリカ人の男にとっては細いだけではSexyでも無ければTurn on(そそる)する要素など一切ないですからね。(ちなみに、黒人の男性は、もっともっと肉感的な女性が好きですねぇ。私の周りはそこまでは行かないのですが。。。)



日本人には初めは、照れくさく、くすぐったいものですが、本当にアメリカ男はよく褒めますね。女を良い気持ちにするのが上手です。こっちが「良くそこまで言えるなぁ、もしかして目が悪い?」と思うほど(笑)。あれに浸って癖になってしまっていると、偶に冷静に考えると、私、これでいいのかしら?と思うときがありますが(笑)



彼らの(アメリカ人は女性も褒め上手)そういう言葉のご褒美は、女をもっともっと頑張らせる薬であることは確かですね。





沖縄を脱出したら、アメリカ人男性からの「ひゅぅっひゅぅ〜」という艶っぽいwhistle(口笛)の一つ(女性に対しては褒め言葉のような)も聞こえてこなくて退屈していたところです。

草稿中の記事が30くらい書き溜まって居ますよ〜(笑)。だから、又遊びに来てください、こんな話で盛り上がりましょう♪





You got it
You Got It?





✿ここ、クリックしてねん♪ブログランキング✿





上のHoney Bunの似顔絵画像からOriginalに飛べるようにしました✿





posted by honeybun at 08:15| Comment(6) | Responce / お返事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このBlog内の文章や画像を無断転載または無断引用することを禁じます